ヘアケア記事一覧

 

髪は、自己修復能力がありませんので、傷ついて髪の水分が奪われて組織が破壊されると、傷ついたままです。髪の毛の乾燥に気がついたなら、直ぐに髪の乾燥対策を施さないと手遅れになります。傷ついたキューティクルを塞いで、髪内部の水分や髪を構成しているタンパク質の流出を防がなくてはなりません。痛んだ髪の修復だけではダメです。外から髪を攻撃する力を防御することも大切です。太陽からの紫外線は、髪を乾燥させて髪内部...