自宅で永久脱毛をする場合に、先に考えることは安全性よねぇ〜

自宅で永久脱毛をする場合に、先に考えることは安全性よねぇ〜

 

今や女性だけの問題では無くなった、体毛の問題。
男性もあまりムダ毛が濃いと、身だしなみを問われる時代になったそうです。
恐ろしい時代になったものです。

 

私も男性と似ているのですが、ムダ毛処理なんて、ちまちましたことに、時間をとられるのは大の苦手。二度と生えてこないようにしてしまえば、年がら年じゅうカミソリで剃る手間も省けるはずです。
ただ、永久脱毛って、元々人間に備わった機能を不能にしてしまおうと言うのだから、自然の摂理に逆らっているのですよね。(;-_-) =3

 

それにしても、脱毛専用のサロンでさえ、毛質によっては何度も通わなくては、ツルツル肌を手に入れることができないのに、量販店で簡単に脱毛器なんて買えるわけないじゃないのぉ〜。
て言うのが、多くの人の見解のはずです。
でも、不信感を幾分かは持ちながらも手に入れたいのは、ただ単に、ムダ毛処理はとっても面倒だからです。

 

痛かったり、伸びてきた毛で肌が汚く見えたり、脱毛処理中に肌を傷つけたりバイ菌を入れてしまったりと、ムダ毛処理の多くは肌トラブルを引き起こします。

 

黒い色に反応する光で、ピンポイントに毛根にダメージを与えて、発毛ができないようにする電気による脱毛は、肌に優しいムダ毛処理なのじゃないかって思うんです。

 

さて、現在考えうる、高機能で肌のことを考えて作られた脱毛器は、ケノンです。

 

肌に優しいと思われる一番の理由は、レーザー脱毛ではないということ。
レーザー脱毛器は、確かにパワーの面から言えば、光脱毛より強く、毛根へ及ぼすダメージは強いことは確かです。でも、一回にレーザーが当たる照射面積が狭く、広い部位を行おうと思うと、何度も照射を繰り返さなくてはなりません。

 

ケノンは光によるフラッシュ脱毛ですが、照射面積は3.5×2.0センチと広いために、照射回数は少なくて済みます。

 

レーザーは、同じ個所を長時間当て続けますので、熱が体内に長く入りづつけます。レーザー脱毛器で、赤くなったり火傷をしたりするのはそのためです。

 

肌に優しいと思われる次の理由は、一度に強力な光を使わないということ。
ケノンは、カメラのフラッシュのように一瞬ピカッと光るだけです。
肌に留まる熱が一瞬ですので、肌トラブルを避けることができるのです。
しかも、瞬間的にフラッシュをたいて肌への負担を軽くしながらあてる、超速6連射があります。これで、強力なパワー1回分に匹敵する効果を狙っているのですね。

 

最後の理由は、細部にまで安全性を考慮したボディになっていること。
脱毛器の照射面には、フィルターがついていて、強い光が直接肌に当たらないようにしています。
シロッコファンを搭載して、多くの風を取り込み風圧で、脱毛器内部を冷却しています。
肌に当たる面には、刺激の少ない樹脂を使用していますので、金属アレルギー等の心配もありません。

 

という理由から、毎回エステに行く手間がなく、エステ並みの脱毛を望んでいる私が選んだのは、ケノンでした。

 

 

 

スポンサードリンク


自宅で永久脱毛を可能にした脱毛器で、面倒な毛の処理をお願いしたい!関連ページ

遠くから見ると黒ずんで見える、鼻の下の産毛ってどうしてる?
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
乾燥肌の私が手足に使う脱毛ローションは、イソフラボン配合のものを
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。