ファンデーションの崩れが気になったら、インナードライ肌が原因かも?

テカル肌、ヌルつく感覚がイヤで、頻繁にあぶらとり紙やティッシュで押さえていませんか? たとえティッシュでも紙の刺激は、肌に細かい傷をつけています。
皮脂を取るだけなら、ファンデーションのパフで、メイク崩れが気になるなら、ルースパウダーやパウダリ―ファンデーションで補正してください。ただし、朝のすっきりの状態には戻りません。

 

皮脂が過剰に出る場合は、オイリー肌で皮脂過剰な場合と、肌の内部が乾燥している「インナードライ肌」の場合があります。
見分け方は、非常に皮脂が多いかどうかです。寝起きの朝、ヌルッと油田ができている場合は、インナードライです。

 

本当は乾燥肌であるのに、外部からの細菌や紫外線の刺激が入り込まないように、皮脂を分泌させて守っている防衛本能が働いているためなのです。

 

こうしたインナードライの方は、正しい保湿ケアで肌を立て直すことが可能です。
ファンデーションや下地、油取り紙の種類だけを考えずに、基礎化粧品も見直す必要があります。

 

肌奥に水分を浸透させておくと、肌は余計に皮脂を分泌させません
ただ、化粧水を送り込むのではなく、自らの力で保湿出来るような働きかけがあるものがいいですね。
アクアフォース

 

さて、肌の状況は、下記のようなことありませんか?

・キメが粗い
肌の表面を覆っている角質細胞に、水分が足りていないと痩せてしまいます。

痩せた不揃いな角質細胞が、キメを狂わせているのです。

 

・毛穴が目立つ

痩せて乾き気味の角質細胞が、肌を縮ませ毛穴が開かせます。

 

・べたつきやすい

Tゾーンだけ異様にベタベタだったら、オイリ肌じゃなく、インナードライ肌です。

 

・乾燥(カサツキ)感がある

頬や口の周りのUゾーンはカサつくのに、額から鼻にかけてのTゾーンは、脂浮きしやすい方です。

 

・化粧ノリが悪い

乾燥しているところと、油っぽいところがありますので、ファンデーションはまだらにつきます。

乳液の濃さで調節したりしますが、元々の肌質から受ける影響は大きいですね。

 

・スキンケアをしても乾燥する

肌のバリア機能が低下しているために、浸透させた化粧水がが蒸発します。

 

・肌が揺らぎやすい

カサカサ感や、肌荒れ、肌の炎症など、色々な症状がみられる場合です。

 

肌は警戒心が強いですので、異物や害があると判断したら、肌内部に入り込めません。
スキンケアはしているはずなのに、乾燥肌に悩まされるのでしたら、肌が異物と判断しているからです。

 

肌成分に近いものを使用して、保湿力を助けるよい化粧品なら、オルビスの新アクアフォースです。
最初の写真にはポーチが写っていますが、現在はありません。

 

「最初から正規品は」と躊躇している方のために、3週間試すことができるセットは便利です。
  ・アクアフォースマイルドウォッシュ
  ・アクアフォースローション
  ・アクアフォースモイスチャー

 

今だけこのセットに、アクアフォースローション(約3ヵ月分)が、ついている贅沢セットがあります。 アクアフォース
無くなっていなかったら、こちらの方がお得ですね。

 

スポンサードリンク


外出先での皮脂による化粧くずれや脂浮きは、保湿で対応を!関連ページ

アウトドアの日焼け止め
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
化粧直しは保湿を重視で、汗やテカリの化粧崩れをがっちりガバー
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。