疲れ気味の化粧崩れのポイントは保湿よ

メイクにとって最悪な夏も、最終コーナーを回りきろうとしている時、肌はご無事でしたか?

 

強い紫外線にあたり、肌筋肉まで硬直化するんじゃないかと思うくらい、ガビガビ、ゴワゴワ状態ではありませんか?

 

すっきりいい女を気取って、ウォータープルーフのファンデに、ウォータープルーフのマスカラと華麗なメイクライフを演出したものの、強いクレンジングで肌を傷めたぁ〜なんてことありませんか?

 

これから一気に冬の大勝負に向けて立て直したいところですが、まだまだ残暑は厳しそうです。
夏の終わりのお疲れ気味の時は、メイク崩れも格別に酷いはずです。

 

こんな時の化粧直しは保湿重視で、肌荒れ寸前の乾燥した肌をいたわりながら、華麗に過ごしたいものです。
モイスチャーゲルクリーム

 

化粧直しで乾燥を解消させると、ぐっと綺麗に仕上がる

ビーグレンのスキンケアコンサルタント・岩城由右子さんの化粧直しより、ちょこっと引用させてもらいます。
( 参考URL:肌が求めるスペシャルケア )

 

汗を沈める

ギトギトとテカった顔には、直に油紙でぺたぺたと汗を吸い取らせたくなりますが、実は、汗を止める元栓があります。首の後ろをとっている太い血管です。

 

濡らすとひんやりのタオルなどを使用して冷やしてもよし、ない場合は両脇を自分の手で圧迫すると効果があるそうです。

 

崩れが酷い部分は拭き取る

コットンや綿棒にモイスチャライジングゲル(ビーグレンのものです。)をなじませて、化粧崩れが酷いところ、テカっているとか、剥げているとかの箇所を、拭き取ります。

 

モイスチャライジングゲルの保湿成分が、しっかり肌に浸透し、新たにつけるファンデのノリをよくして、綺麗に整えてくれます。

 

ファンデは、ガバガバつけずに少量がポイント

その後は、パウダーやファンデーションを少量、軽く抑えるようにつけることがポイントとなります。

 

モイスチャライジングゲルとは

ヒアルロン酸とコラーゲンを、主成分とする保湿ゲルです。

 

高い浸透力で定評のあるビーグレンのQuSome技術で、保湿成分を角層の奥まで届け、長時間うるおいを持続させることができます。
それにもかかわらず、肌表面がサラサラに保てます。

 

汗や皮脂でべたつく肌には、うんざり気味の気分の時は、すっごく嬉しいサラサラ感です。
お化粧直しが成功した時は、何においても積極的なれそうです。
メイク休憩の後の自分の姿を想像して、ニンマリできそうよ。

 

 

スポンサードリンク


化粧直しは保湿を重視で、汗やテカリの化粧崩れをがっちりガバー関連ページ

外出先での皮脂による化粧くずれや脂浮きは、保湿で対応を!
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
アウトドアの日焼け止め
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。