肌が健康なうちは、洗顔料にそれほどこだわりを持つ人もいないのではないでしょうか?

 

メイクのように取り立てて変化を楽しめない洗顔に、こだわることも無く、ダブル洗顔用の石鹸として、単なる日常の汚れを落とすぐらいにしか考えていないのが普通です。
顔を洗うって行為自体、地味だし・・・

 

友達に、私などがビックリするような、石油系の界面活性剤たっぷりの洗顔フォームが良く落ちるよと、すすめられることがあります。そのたびに、「あー、肌にトラブルがなく健康なのね。」と少し妬んでしまうのですが、いけませんね。

 

石鹸選びに夢中になるきっかけは、おおよそ分けて3パターン。

1.過剰な皮脂が原因でできるニキビができた時、皮脂を取り除くため。
2.毛穴の黒ずみが目立ち始めた、化粧をするとテカル、逆にカサカサで粉を吹きはじめた時。
3.化粧水が浸みこまない、乾燥肌、敏感肌が気になりはじめた時。

 

石鹸は、汚れをとるという働き以外に、皮脂を取り除いたり、毛穴の中の汚れを取り除いたりといった働きをします。肌の水分、脂分をコントロールすることで、トラブル肌にならないようにしてくれているのです。

 

上記の1は、洗顔で治そうとする方は多いですが、2や3の場合は、パックやクリームなどのスキンケアで改善を試みて、なかなか洗顔を思いつく人はいません。
スキンケアジプシーを繰り返してみて、ハタと肌の調子を整えてくれる洗顔を工夫すればよいのではという結論に至るようです。

 

洗顔石鹸も、肌質に合わせて選ぶことが大切です。

 

とりたてて必要性を感じない人は、最低、石油系界面活性剤入りの洗顔石鹸を避けて選ぶことをおすすめします。
体の中でつくりだす美容成分は、年齢とともに失われていき、肌を少しづつ乾燥させます。
界面活性剤の油汚れもするっと落としてしまう洗浄力は、魅力ですが、肌を乾燥させてしまう場合が多いのです。

 

気がついたら目尻に小ジワが・・・なんてことになる前に、毎日の洗顔で乾燥を食い止めておけば、慌てて贅沢な美容液をつけるよりはるかに意味があることなのです。

 

肌の健康を保ち維持していくためにおすすめは、マーレ―シアの黄金ナマコ、ガマットソープがおススメです。

 

天然の界面活性剤と言われるサポニンの力で、汚れを落とし、他の成分も全て天然素材。
肌のことを考えた、保湿成分が洗い上がりの肌を包み、疲れ知らずの健全な皮膚を保つことができるのです。

 

5年もしたら、「あっ、なまこ石鹸のおかげで、未だに肌が若い!」なんて言葉がでますよ。何を隠そう、私がそうでしたから。

 

スポンサードリンク


洗顔と美肌の関係を意識していない人におせっかいな提言!関連ページ

冬肌の悩み
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
クレンジング選びは、洗浄力重視から低刺激へと変更時
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
洗顔で皮脂を取り過ぎずに、毛穴だけをスッキリ洗い流してほしい
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
インナードライに適している洗顔料とは
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
抹茶石鹸をシミだらけの顔に使ってみた
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。