洗浄力より肌に優しいで選びたいクレンジング

たとえベンジンで拭いても、皮脂のパワーで肌荒れ知らずなんて考えていた、肌力のある頃と違って、限界を感じている今日この頃です。

 

体力って言葉があるように、肌にも力があるよね。
1日くらいメイク落とさないまま寝て、朝メイクの重ねづけしても全然平気な時代あったもの。

 

ファンデーションの質が良くなったせいでしょうか、微粒子とかナノ化とかで肌の奥に入り込み、気になる毛穴やシミをしっかりカバーしてくれます。
でも、その分細かく肌に入り込んだファンデーションをしっかりオフしてくれる、クレンジングでないと困るわけです。

 

取り切れなかったファンデが毛穴に詰まると、黒ずんだり、ニキビや吹き出物の原因になったりします。

 

洗浄力重視で選んだクレンジングの後、確かにサッパリするけど、しばらくするとカサカサの肌に気がつきます。慌てて、ローションを染み込ませますが、ザラザラした感触で「あ!肌荒れおこしたかな?」と気が付くのです。

 

そして、数日後、肌はガサガサ、ヒリヒリで、因幡の白ウサギのごとく、顔の皮を剥がれた感じで赤みがさしてきました。

 

強い洗浄力のクレンジングは、多くの場合石油系界面活性剤が入っていて、これが肌荒れや乾燥肌にしてしまう悪の根源なのだそうです。
でも、肌に優しいクレンジングは、得てしてメイク落ちが悪すぎます。

 

なんて、考えていたら、ファンデのナノ粒子を根こそぎとるような微粒子のクレンジングを見つけました。その名も、DUOクレンジングバームですって。
石油系界面活性剤がはいっていないで、洗浄力も抜群なのです。

 

肌力に自信をなくした私にぴったりな、保湿成分が沢山入っています。
クレンジングに保湿効果なんて何だか変だな?と思いましたが、実は肌には、かなり重要なファクターのようです。

 

メイクを落とすために少なからずこそぎ落としてしまうのが、自分の皮脂です。この皮脂は、天然のクリームといって肌を保湿したり、外部の刺激から守ったりしてくれているものです。天然のクリームを、クレンジングの洗浄力で落としてしまったために、肌力が低下していたのです。

 

なんと、肌力低下は、年をとったからではなく、毎日のメイク落としの時のクレンジングの刺激が強かったからだということに気がつきました。

 

デュオ・クレンジングバームに配合されている保湿成分を調べてみたら、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、ナノセラミドとまるで美容液のようです。

 

実際、使ってみたら、本当にメイクが落ちたのかしらと疑いたくなるほど、低刺激でした。
私が、決めたクレンジングは、こちらです。
ドゥオ ザ クレンジングバーム

スポンサードリンク


クレンジング選びは、洗浄力重視から低刺激へと変更時関連ページ

洗顔と美肌の関係を意識していない人におせっかいな提言!
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
冬肌の悩み
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
洗顔で皮脂を取り過ぎずに、毛穴だけをスッキリ洗い流してほしい
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
インナードライに適している洗顔料とは
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。
抹茶石鹸をシミだらけの顔に使ってみた
OLコスメ日記を立ち上げました。
20代も終わろうとしているOLが、ある日シミに気が付きました。
恋も友情も仕事も試行錯誤なら、コスメだって思考錯誤!
ならば、ちゃんと検証と分析を繰り返して後悔はしません。